駆除の流れ|高品質なシロアリ駆除サービスを有効活用|シロアリと決闘

高品質なシロアリ駆除サービスを有効活用|シロアリと決闘

男女

駆除の流れ

害虫

専門業者のシロアリ駆除の流れは、床下収納庫から床下に入ります。床下収納庫がない場合は、畳を上げて床板やコンクリートパネルを取り外し、侵入することが多いです。そして、工事する際は室内が汚れ内容に侵入口を養生します。薬剤注入する際は、被害箇所の周辺に直系6ミリ~9ミリほどの穴をドリルで開けて、薬剤を注入していきます。被害がある箇所には、全て薬剤注入していきますが、被害がない場合でも、シロアリが侵入しやすい場所に注入することがあります。シロアリの被害が少ない箇所には、シロアリや腐朽から保護するために防腐剤や防蟻材を散布していきます。そして、土壌の表面やコクリートの表面などにも薬剤を散布していきます。シロアリは基本的に、土壌から木部へと侵入していくので、この工程はシロアリ駆除の中でも特に重要になります。室内もシロアリの被害がある場合は、被害箇所に穴を開けて薬剤を注入します。浴室や玄関に処理をする場合は、タイルの継ぎ目にドリルを空けるケースが多いです。穴を開けた後は、しっかりモルタル等で塞ぐので、美観上はそれほど問題ありません。シロアリ駆除が全て終わったら、工具や器材を片付けて、清掃をして、終了となります。専門業者によってシリアロ駆除の方法や流れは異なりますが、大まかな流れとしてはこのようになります。一連の流れで気になるところがある場合は、事前に相談しておいたほうが良いです。疑問があるまま、シロアリ駆除を進めてしまうと、トラブルに発展する恐れがあります。